血糖値の上昇を抑えるには

運動不足や暴飲暴食などにより、血糖値が高い状態が長期的に続くと、糖尿病になる可能性があります。

国内の糖尿病患者数は300万人を超え、年々過去最高を更新しています。

これは、アジア人のインスリン分泌能力が欧米人に比べて低いことや、食生活の欧米化、交通網の発達による運動時間の減少等が挙げられます。また、一般的な病気と違い糖尿病は症状として現れないため、合併症を発症するか、あるいは健康診断など詳細な血液検査を実施するまで気づきにくいという面もあります。一度糖尿病に罹患してしまうと完治することがないため、一生病気と向き合い、常に血糖のコントロールに気を使って生きていく必要が生じてしまいます。

そうならないためにも、常日頃から健康的な食生活を意識し、適度な運動を心掛ける必要があります。

最近何かと話題のInfoseek ニュースのことならこちらのサイトをご覧ください。

極端な食事制限を行うことなく、血糖値が急激に上昇しないようにするポイントは、食物繊維と食べる順番にあります。

食事の最初に食物繊維を摂取すると、糖質の吸収を妨げます。



このため、最初に時間をかけてサラダ等を食べ、ご飯やパンなどの主食はその後でゆっくり食べることで、血糖値の上昇を抑えることができます。

血糖値技術のご紹介です。

体の筋肉量をアップし、脂肪を溜め込まないようにすることもポイントになります。

食後に筋力トレーニングを行うと、摂取した糖分を取り込むことなくエネルギーに変換、更に軽い運動を続けると体に蓄積されている脂肪がエネルギーとして利用されるため、余分に摂取した糖質を取り込みづらい健康的な体になります。